こんなところにもIT!?と驚く・・・かも。

日本人から見るインドのイメージというものは、アナログなものというようなものかもしれません。
でも実際にインドのIT産業というものは目覚ましく発達して、ITにおける収入においてもとても増えているのです。

インドといえば身分制度において厳しいというイメージがありますが、IT産業においては身分制度に関係なく、能力があればお金を稼ぐ事が出来たり、勤めている場所においてポジションが上がる事が出来るというような時代なのです。

そのためインドの人たちは精一杯努力をして上を目指した結果、今のような素晴らしい能力を持つ人が増えたというように言われています。
そう考えると、日本においては身分制度というようなものもなく、インドの人たちよりももっと勉強をする時間があるように感じますので、更なる努力が必要ということになります。

つまりは、インドの人たちをもっと見習わなければいけないということなのです。
インドのIT産業の人たちの能力を実際に見たことがある日本人なら、とても驚いて感動したということがあるでしょう。

そういった機会はとても大切なものです。
自分にとってもとても良い刺激になるでしょう。
インドの人たちの努力や才能というものを少しでも見習いたい、追いつきたいという思いが自分自身を向上させてくれるはずです。

日本での企業同士のやりとりにばかり気を取られてしまい、インドの国の素晴らしさというものを理解していない日本人はとても多いでしょう。
機会を見て、インドのIT産業の素晴らしさを学ぶことが必要だと思います。